2017年08月28日

再確認

夏休みもあとわずかとなりました。
充実した夏を過ごすことができましたか。
やり忘れのないよう再確認をしてくださいね。

研友ゼミは今日から新学期が始まります。
充実した夏を過ごすことができましたか。
曜日・時間等の再確認をしてくださいね。


皆さんの笑顔を楽しみにしています。

posted by kenyu at 00:00| 仁木先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

夏休みもあとわずか

こんにちは。
東進衛星予備校名古屋新瑞橋校の樋口です。

夏休みも残りわずかですね。
夏休みの宿題はもう終わってますよね?

提出する宿題を終えてほっとしているかもしれませんが、間違えた問題は必ず夏休み中にやり直しておきましょう。

宿題は、提出するためにやるものではなく、自分の実力を上げるためにやるものです。
間違ったところをそのままにしてしまうと、宿題をやった意味がありません。

学校の宿題を、どう活用するかを考えて行動しましょう!
posted by kenyu at 00:00| 樋口先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

広島平和記念資料館

暑中見舞い申し上げます。

お盆ということもあり墓参りをしてきました。

広島平和記念資料館を報道で見て、最近は海外の人が多く来ていることを知り驚きました。

やはり一度は見ておかないといけないものだと感じます。

自分も小学生の頃に行きましたが残念ながらあまり覚えていません、だからまた行こうと思います。

日本人に生まれたから見るのではなく、人間として知るべきです。

posted by kenyu at 00:00| 阪東先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

真の実力をつけるには

夏休みも そろそろ 折り返し
研友ゼミの塾生のみなさんは
夏休みの計画を 塾の自習等で
100%実行しています

夏期講座の予習→授業→復習では
集中的 かつ 効果的に
1学期の復習 2学期の予習 実力養成 を
しています

この5日間の夏期講座で いろいろな知識を身につけ
問題を演習し かなりの力が ついています

しかし 真の実力をつけるには
この夏期講座の復習を この夏休みの間に
講座の翌週でも 翌々週でも 夏休みのラスト1週間でも
いつでもいいので もう一度するべきです

特に 受験生の 中3生 高3生は
この夏に学習したことは
この夏に完璧にマスターしましょう

そのために塾の自習をどんどん利用して下さい
posted by kenyu at 00:00| 村瀬先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

夏休みは長すぎ…?

夏休み真っ盛りですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
今日は、夏休みについて考えたいと思います。
 先日静岡県のある地域で夏休みを連続16日間にして、普段行っている授業の負担を減らそうという意見が出て、実現に向け検討しているそうです。皆さんはこの意見をどう思いますか?
それぞれの立場で考えると、様々な意見が出てくるのではないかと思います。
まず小中学生。やはり反対の意見が多いのかな? 約40日間の夏休みが半分以下になるのですから、反対も当然でしょう。旅行に行ったり、家族と過ごしたり、夏休みにしかできないことを満喫するにはそれなりに日にちも必要なのでしょう。では親の意見としては、正直微妙なのでは…。夏休み中で一番厄介なのはお昼ご飯の用意だそうです。給食があればそんなことは考えなくてもよいのですが、夏休み中は毎日用意しなければいけないので大変でしょう。また、共働きのお家では、子供を家に残すのが不安だからと、学童や塾に行かせたりする人もいますよね。そうするとお金もかかるし、大変だし…。学校の先生はどう思うのでしょう。おそらく、夏休みが短くなれば、普段の授業の負担が減り、もっと生徒との時間が取れて良いという意見が多くなるのではないでしょうか。
 私の意見を言うと、ちょっと長すぎるかなという感想です。3週間くらい(例えば8月1日から21日までが夏休み)がいいのではないでしょうか。
皆さんは賛成ですか、それとも反対ですか?
posted by kenyu at 00:00| 林田先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

良い夏休みを過ごすために

夏休みがはじまります!
夏休みといっても、学校の課題や部活動、夏期講座や夏の学習計画などがあり、あまりゆっくり休めないという人も多いかと思います。絶えず何かに追われている感じ、少し気疲れしてしまうかもしれませんね。しかし、長い人生、何にも追われることなく、気ままに過ごすことができる時間というのはあまり多くはありません。学生、社会人問わず、常に期限や締切、その他やらなければならないことに追われているものです。
そこで皆さんに意識してもらいたいのがメリハリと気持ちの切り替えです。
「やる時はやる」「休む時は休む」
やるべきことをやったら、あとは休む!遊ぶ!
これで良いのではないでしょうか!?(勿論、受験生は休む割合を減らさなければいけませんよ)
特にこの長い夏休みに、「やらないといけないけれども気が進まないなぁ」という状態をダラダラと続けてしまうと、効率が悪い上、必要以上に憂鬱な気持ちになってしまいます。
8月末に夏休みを振り返った時に、良い休みだったと思えるよう、気持ちにメリハリをつけ、1日1日を大切にしていきましょう!
posted by kenyu at 00:00| 堀田先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

最高の夏休みにするために

いよいよ待ちに待った夏休みですね!
夏休みは自由にできる時間がいっぱい!
ただ、使い方を間違えれば何の実りもない40日間になってしまいます。
そこで、以下のことを心掛けて夏休みを過ごしてください!

1.時間にメリハリをつけよう!
 遊ぶ時間と勉強する時間をしっかり分けましょう。

2.出会いを大切にしよう!
 講習会や行事に積極的に参加して多くの人に出会いましょう。

3.たくさんの本を読もう!
 普段は時間がなくて読めない本にもチャレンジしよう。

4.好きなことを見つけよう!
 夏休みの多くの経験から将来につながる好きなことを見つけよう。

夏休みをより良いものにするために研友ゼミはいつでもみなさんの相談に応じます!
posted by kenyu at 00:00| 森下先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

平和

最近、世界はテロが多く海外旅行に行きたくてもいろいろ制限されてしまいます。

 20年前なら旅行が危険という認識は少なかったように思います。

いかに平和が難しいことなのか考えさせられます。

特に日本人は危機意識に希薄な人が多いように思います。
 

「人間は愚かな生物かもしれない」


民族、宗教、貧困、資源、政治、環境問題などいろいろ絡んでいる。

解決は簡単ではないかもしれないが、人間ならできることを信じたい。
posted by kenyu at 00:00| 阪東先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

研友夏の計画

期末テスト勉強 真っ只中
研友生のみなさんは
毎日自習に来て頑張っていますね

期末テスト後は
テスト直しやテスト分析をして
次のテストへの反省をしましょう

期末テストが終われば
長い夏休みを有意義にするために
研友夏の計画を立てます

今年の夏は
「基礎は完璧に固める」
ことを徹底する計画を立てましょう

例えば
小学生は漢字や計算を完璧に
中学1年生は英単語と「正負の数」「文字式」の計算を完璧に
中学2年生は英単語と「文字の計算」「連立方程式」の計算を完璧に
高校1年生・高校2年生は英単語と「チャート」等の参考書の例題等を完璧に
中学3年生・高校3年生は「受験勉強の基礎固め」を完璧に
など

必ず100%実行する計画を立て
そのために塾の自習をどんどん利用して下さい
posted by kenyu at 00:00| 村瀬先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

中学生のみなさんへ

こんにちは。
東進衛星予備校名古屋新瑞橋校の樋口です。

今日は中3以下の生徒を対象に書いていきます。

現在中3生のみなさんが大学受験をする年から、大学入試制度が変わります。
その中でも一番大きな改革は、英語スピーキングテストの導入です。

今までの大学入試では、主に「読む」「書く」「聞く」の3技能でしたが、これらに「話す」が加わった4技能試験に変わります。
英語を学ぶ目的は、世界の人たちと英語でコミュニケーションをとれるようになることです。
中学生のみなさんは、将来自分が英語で会話をしている姿を想像しながら、ぜひ英語を学んでください。

話す力をあげるための、具体的なアドバイスを書きます。
英語の成績を伸ばし、英会話ができるようにするためには、「音読」が効果的です。

学校で英語の授業があった日には必ず、寝る前などに教科書の音読をしましょう。
教科書じゃなくて、プリントの英文でもワークの英文でも何でもかまいません。
音読するものは、理解した英文すべてです。
短い文でも長い文でも、理解できた英文はすべて音読してください。

意味をイメージしながら、何度も何度も音読します。
音読回数は何回でもいいです。
覚えるまで音読します。

英語は「勉強」ではなく、「練習」する科目です。
たくさん練習(音読)すれば、誰でもできるようになります。
(アメリカにいる人たちは、学力や能力に関係なく、みんな英語ペラペラです。)

英文法を理解することは大事ですが、それだけでは会話はできません。
自分が理解した英文を、とにかく音読して、文法を意識しなくても文がスラスラ口から出てくるよう、音読しましょう。

何度も何度も音読する。
発音がわからなければ、研友の先生たちに聞いてみましょう。
posted by kenyu at 00:00| 樋口先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする