2018年11月12日

平和

安田純平  フリージャーナリスト
シリアから帰国したことが話題になりました。

3年間監禁されている間、かなりのメモ(日記)が残されていました。
テロリストと話をした日本人はほとんどいないと思います。

将来、これらの情報を政府は必要となる時がくるかも知れません。

警察がいない国(無政府状態)が世界にはあります。
政府が他国の文化、慣習など知らなければ 
話は進まない。

自己責任などいろいろ考えさせられる事案です。

彼の体験、情報はお金で買えるものだろうか?

平和のありがたさを知ることができたことに感謝したい。
無事帰国できて良かった。
posted by kenyu at 00:00| 阪東先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。