2018年05月14日

5月病って、何?

 新学年も始まって早1ヶ月、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
GWも終わり、間もなく中間テストが始まるこの時期におとずれるのが『5月病』というやつです。一般的には学校が始まり、新たな環境で過ごす日々の緊張状態が体力・精神力に負担をかけ体調を壊し、ひどい時には鬱になってしまう人もいると聞きます。ですが今回はそんなにたいしたことではなく、もう少し軽く考えたいと思います。
 いまだに緊張が取れない人は中間テストに集中しましょう。テストが終了後に成績によって若干の友達の変動が起きます。特に成績の上位者を味方につけたいという心理が働き、新たな友情が始まる可能性があります。
 ある程度友達関係が構築できた人、その関係の中で上位の成績を取りましょう。勉強ができないとやはり下に見られがちで、その関係性は今後テストで良い結果を得てもなかなか変わりません。
 部活動に邁進している人はテストの部活内順位で1位を取りましょう。「こんなに忙しいのに1番取るなんてすごい!」と思わせたら勝ちです。
 とにかく人間関係に悩んでテストの結果が悪いなんてもったいない話です。今の人間関係が今後永遠に続くと思ったら大間違いです。本当に信頼できる友達を1人でも2人でも作れればそれでいいんです。まずは中間テスト頑張りましょう。  以上
posted by kenyu at 00:00| 林田先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする