2017年10月23日

衆議院解散総選挙

衆議院解散総選挙が終わりました。
今回の総選挙は、中高生の皆さんにとっては、学校で学習した選挙制度や政党政治の仕組みなどを学ぶ最高の教材になったのではないでしょうか。しっかり学習している皆さんなら、この後引き続き何が行われるのか予想できると思います。今後は、特別国会が開かれ、内閣総理大臣の指名が行われ、新たな内閣が組織されます。そして、1月からの通常国会につながっていくわけですね。通常国会では、来年度予算の審議・議決、新たな法案の審議等、行われてきいきます。注目は、憲法改正に向けた取り組みがいつごろから本格化するかです。早ければ、今度の通常国会の中で審議されていくことになるでしょう。いずれにしても、日本の戦後の歴史的大きな出来事になることは間違いありませんね。
ただ一つ気になるのは、結果は別として、果たして今回の解散総選挙は、本当に国民が望んだことなのでしょうか。内閣に対する国民の一番の影響力は世論です。今回当選された議員の皆さんには、世論にしっかり耳を傾けた政治を頑張ってもらいたいですね。
国会議員の皆さんに国政を頑張ってもらいながら、みんなは自分の目標達成に向けて日々の学習を頑張ろう!
posted by kenyu at 00:00| 森下先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする