2017年07月31日

夏休みは長すぎ…?

夏休み真っ盛りですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
今日は、夏休みについて考えたいと思います。
 先日静岡県のある地域で夏休みを連続16日間にして、普段行っている授業の負担を減らそうという意見が出て、実現に向け検討しているそうです。皆さんはこの意見をどう思いますか?
それぞれの立場で考えると、様々な意見が出てくるのではないかと思います。
まず小中学生。やはり反対の意見が多いのかな? 約40日間の夏休みが半分以下になるのですから、反対も当然でしょう。旅行に行ったり、家族と過ごしたり、夏休みにしかできないことを満喫するにはそれなりに日にちも必要なのでしょう。では親の意見としては、正直微妙なのでは…。夏休み中で一番厄介なのはお昼ご飯の用意だそうです。給食があればそんなことは考えなくてもよいのですが、夏休み中は毎日用意しなければいけないので大変でしょう。また、共働きのお家では、子供を家に残すのが不安だからと、学童や塾に行かせたりする人もいますよね。そうするとお金もかかるし、大変だし…。学校の先生はどう思うのでしょう。おそらく、夏休みが短くなれば、普段の授業の負担が減り、もっと生徒との時間が取れて良いという意見が多くなるのではないでしょうか。
 私の意見を言うと、ちょっと長すぎるかなという感想です。3週間くらい(例えば8月1日から21日までが夏休み)がいいのではないでしょうか。
皆さんは賛成ですか、それとも反対ですか?
posted by kenyu at 00:00| 林田先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする