2017年06月12日

中学生のみなさんへ

こんにちは。
東進衛星予備校名古屋新瑞橋校の樋口です。

今日は中3以下の生徒を対象に書いていきます。

現在中3生のみなさんが大学受験をする年から、大学入試制度が変わります。
その中でも一番大きな改革は、英語スピーキングテストの導入です。

今までの大学入試では、主に「読む」「書く」「聞く」の3技能でしたが、これらに「話す」が加わった4技能試験に変わります。
英語を学ぶ目的は、世界の人たちと英語でコミュニケーションをとれるようになることです。
中学生のみなさんは、将来自分が英語で会話をしている姿を想像しながら、ぜひ英語を学んでください。

話す力をあげるための、具体的なアドバイスを書きます。
英語の成績を伸ばし、英会話ができるようにするためには、「音読」が効果的です。

学校で英語の授業があった日には必ず、寝る前などに教科書の音読をしましょう。
教科書じゃなくて、プリントの英文でもワークの英文でも何でもかまいません。
音読するものは、理解した英文すべてです。
短い文でも長い文でも、理解できた英文はすべて音読してください。

意味をイメージしながら、何度も何度も音読します。
音読回数は何回でもいいです。
覚えるまで音読します。

英語は「勉強」ではなく、「練習」する科目です。
たくさん練習(音読)すれば、誰でもできるようになります。
(アメリカにいる人たちは、学力や能力に関係なく、みんな英語ペラペラです。)

英文法を理解することは大事ですが、それだけでは会話はできません。
自分が理解した英文を、とにかく音読して、文法を意識しなくても文がスラスラ口から出てくるよう、音読しましょう。

何度も何度も音読する。
発音がわからなければ、研友の先生たちに聞いてみましょう。
posted by kenyu at 00:00| 樋口先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする