2017年09月25日

2学期のスタートと後期計画

2学期が始まりほぼ1か月
研友生のみなさんは
そろそろ中間テストの計画を始めていることでしょう

2学期の学習内容は一年間の中で質・量ともに最も重要です
したがって、日ごろの学習パターンをもう一度確立させる必要があります

学校の授業を完全理解するために、予習を徹底し
学校の授業を完全理解するために、授業中は本当に集中し
学校の授業を完全理解するために、復習は必ずする
当たり前のことを当たり前にしなければなりません

特に、受験生のみなさんは
日々の学習が入試に直結しますので
より一層授業に集中して下さい

また、高校生一般受験コースは後期計画もスタートしました
高1生は、この秋から数T数Aのチャートの復習と古典文法の徹底復習のスタート
高2生は、この秋から数U数Bのチャートの復習と理科社会の受験勉強スタート
高3生は、センター対策、私大・二次対策などの実戦的な学習のスタート

いずれの計画も毎週必ず実行していきましょう
そのためにどんどん自習を利用して下さい
posted by kenyu at 00:00| 村瀬先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

『ついに9秒台!!』について

 夏も終わり、めっきり朝晩は涼しくなり、ここにきて夏の疲れを感じる時期でもありますが、皆さんはお元気でしょうか?
 今回は先日行われました日本学生選手権で桐生祥秀選手が100m決勝で9秒98の日本新記録で優勝したことについて書きたいと思います。
 ここにきて、9秒台が可能なランナーが増え、時間の問題と言われ続けてきた種目ですが、いわゆる一つの壁を超えたと思います。桐生選手はもちろん、周りの方の並々ならぬ努力や協力があっての記録だったと思います。
 この記録が出るに至った理由はさまざまあると思いますが、私自身が考えた理由の一つに、自分と同じレベルのランナーが身近に存在し、そこでの競争が大きな要因だったのではないでしょうか。やはり人は競争することでさらに自らを高めようと努力をし、その存在が近ければ近いほど、その努力が自分の限界以上の力を出す助けになるのだと思います。
 陸上の世界選手権では個人での参加は叶わず、悔しい思いもしてきたと思います。そう言った悔しさや挫折を味わったからこその今回の記録なのではないでしょうか。今回桐生選手が開けた9秒台という小さな穴が2人・3人と突破し、その小さな穴がますます大きくなることを願います。
 これは今から受験を迎える中2・高2やその他の学年の人にも言えると思いますが、自分のベストの学習がベストの結果になるとは限りません。ベストな結果を得るためには周りの意見やアドバイスを全て聞く必要はないかもしれませんが、自分に足りないもの、必要になることには少し耳を傾けて試すことも必要ではないでしょうか。多少遠回りになるかもしれませんが受験勉強には必要なことだと思います。
posted by kenyu at 00:00| 林田先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

平和について考える

2学期が始まりました。
皆さん、良い夏休みを過ごすことはできましたか!?
まだまだ暑い日が続いていますが、7,8月のような「猛暑」ではなくなり、窓を開けていると涼しい風が入ってくるなど、徐々に秋めいて来ました。

国際情勢の話になりますが、お隣の国、怖いですね。
連日、ミサイルの発射や核実験が行われた等のニュースが飛び込んできますが...9月9日は隣国の建国記念日だそうで、どうなることやら...。
今我々にできることと言えば、平和を願うことぐらいですが、ただ漠然と平和を願うだけではなく、国防に関し、国民一人一人が今一度真剣に向き合い考えなければならないでしょう。被害が出てからでは遅いです。
あくまでも私個人の考えですが、日本国憲法をはじめ、非核三原則、自衛隊の在り方など、変えないことが正義だとは思いません。
目まぐるしく移り変わっていく国際情勢の中で、日本という国が末永く平和に存在し続けるためには、臨機応変さも必要なのではないかなと思います。例えば、ドイツなんかは50回以上も憲法改定をしているそうですね。

正義といえば、某ゲームの中でこのような台詞が出てきました。
『正義の反対は別の”正義”である』
正義⇔悪 ではないのですね。
最初から自分達を悪として行動している国は存在せず、各国とも自国の”正義”に従って行動しています。隣国の危険な行動も、経済制裁への抗議や国際社会の中での立場の向上を求めるという大義名分の元行われているということはしっかりと理解しなければなりませんね。

皆さんも、日本がどうあることが「正義」で「平和」といえるのかを、一度考えてみて下さい!
posted by kenyu at 00:00| 堀田先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする