2016年12月26日

新潟県での先生が「○○菌」と児童を呼んだ件について

 いつもブログをお読みいただいてありがとうございます。
今回は先日、新潟県の小学校で起きた東日本大震災で被災した児童へのいじめについて考えたいと思います。
 内容は新聞やテレビなどのマスコミで報じられているので、ここでは省かせていただきますが、そもそも論として、子供たちが被災した人々のことをきちんと理解しているのか、またそれを伝える周りの大人(親や教師、近所の人など)は、正しい情報を得て、それをきちんと子供たちに伝えているのか、そしてマスコミは被災者の方の現状をきちんと伝えているのかが疑問に思います。
 熊本地震の際も、動物園から猛獣が逃げたなどのデマがネットに上がって、未確認の情報が拡散して、現地の人々を困らせる事件がありましたが、今回の新潟の事件も正しい情報を知らず、「きっとこうだろう」とか「こんな感じに決まっている」などの勝手な思い込みが1人の児童を精神的に追い込んでしまったのではないでしょうか。そういう意味では、教師に対してペナルティーが与えられるのも当然ですが、その学校に通っている児童の保護者の中にも同罪の人もいるのではないでしょうか。
 2011年に日進市でも花火大会開催時に福島の花火の打ち上げに反対する抗議の電話があり、その結果福島で作られた花火の打ち上げは見送られたということがありました。このことに関しても、本来、放射能等の危険が全くないにもかかわらず、個人の思い込みや、間違った情報をうのみにし、その結果、福島のものは危険だといった間違った知識が広まってしまったと思います。
 情報があふれている現代だからこそ、それらを見極める力を養ってほしいと思います。
posted by kenyu at 00:00| 林田先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

勝負の冬

冬休み。受験生のみなさんにとっては、言うまでもなく非常に重要な期間となります。

高3生のみなさんは、各自課題を持って日々勉強に励んでいることと思います。センタープレテストで思うような結果がでなかった人は、今一度、“今やらなければならないこと”を考えてみてください。短期間で効果が出る教科、得点比率が高い教科に時間をかけるべきです。例を挙げるならば英語でしょうか。英単語や英熟語をきちんと覚えていますか?覚えていない状態で入試に臨んではいけません。暗記には時間がかかるかもしれませんが、時間をかけるべきところです。限られた時間の中で、“やりたいこと”ではなく“今やらなければならないこと”を徹底的にやってください。

中3生のみなさんは、講座の予習や週間計画などで日々大忙しですね。着実に計画を実行し、各教科バランスよく勉強してください。まだまだ実力は伸びます。

今週から研友ゼミでは冬期講座が始まります。教室開放時間を塾長に確認し、講座時間以外も自習で教室を活用しましょう!
posted by kenyu at 00:00| 堀田先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

いまやるべきこと

いまやるべきことはなんだろう。
まずはそこからはじめよう。

いまやるべきことはなんだろう。
でもやらされていては意味がない。

いまやるべきことはなんだろう。
だからすすんで実行しよう。


がんばれ 研友生。

応援しています。

posted by kenyu at 00:00| 仁木先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

ラジオ

みんなはラジオを聴きますか。
自分は運転中にラジオを聞くことがほとんどです。
車にはCD、テレビ、とありますがやはりいつの間にかラジオになります。
たぶん予想もしない歌が流れてくるとうれしいからでしょう。
むかしの音楽をきけばその時の思い出、雰囲気などが浮かび上がり懐かしく楽しい気分になれます。
 
最近ではイエローモンキーが好きになりました。
15年ぶりの復活、テレビの主題歌の影響もあるかも知れません。
なぜ若い時には思わなかったのかもったいない気がします。
レベッカ・矢沢永吉・サザン・ミスチル・コブクロ・平井堅・氷室京介・ファンモンなどのライブも楽しかった思い出です。
音楽は人を元気にさせるすばらしい力があるから不思議です。
posted by kenyu at 00:00| 阪東先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする