2016年09月19日

受験勉強もチームプレイ!?

 オリンピックが終わって3週間以上がたちました。随分と前のことのように思います。皆さんぞれぞれ感動したシーン、選手、競技があるかと思います。そんな数ある競技の中で今回取り上げたいのが『卓球』です。
 皆さんご存知の通り、男女とも団体でメダルを獲得し、次回の東京オリンピックに向けますます期待がかかると思いますが、なぜこの競技に注目したかというと、卓球こそが今受験勉強をしている皆さんのヒントになると思ったからです。
 卓球という競技はもちろん個人と個人が競い合うものであり、他の個人競技同様、チームで戦うものとは異なるものですが、団体に関しては全く異なります。チームメイト同士が応援し、励まし、時にはプレイに対して意見やアドバイスを送ることもかなりあったかと思います。このことによって例えば、オリンピックが終わればまた、それぞれが個人として対戦することもあり、今まで勝てていた相手に負けることもあるでしょう。でもそんなことにはこだわらず、高い目標を達成するために協力し合う姿は、受験勉強とは本来一人でやるものですが、でもそこをみんなで励まし合い、時には叱咤激励を送ってお互いを高め合うということと重なる部分が多々あると思います。監督やコーチ以上に同じ選手同士のアドバイスのほうが素直に聞けるのと同じで、みなさんも学校の先生や親、そして塾の先生よりは友達に「頑張ろう」とか「あきらめるな」といわれた方が素直に聞けると思います。高3生はセンター試験まであと4ヶ月、中3生もあと6ヶ月で入試がやってきます。みんなで声をかけあって頑張ってください。
posted by kenyu at 00:00| 林田先生からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする